「ほっ」と。キャンペーン

ルーマニア人家庭で、やってはいけないこと!?

Buna Seara, 皆さんこんばんは。


国際結婚の様々な場面において、文化の違いとか意識の違いとか、色々と違うなぁ。という事柄に出くわすのですが、最近旦那さんの「これをしたら、不吉だからダメ!!」というダメ出しをもらうことが多いのです。

これって、本当にルーマニア人みんなに浸透してることなのか?それとも旦那の家庭だけなのか、定かではありませんが(念のために「貴方の家族だけじゃないのー?」と聞いてみたところ「うちだけじゃない、ルーマニアの家はみんなこうだ!」と息巻いてましたが、本当かな?)

例えば
①シチューや味噌汁など鍋で作った後に、鍋におたまを入れておいてはいけない
(おたま入れた後にふたしておけば、いいような気もしますが、これは絶対だめ!!不吉なことが起きるから。と厳しく注意されてます。でもどーして?何でいけないの??)


②出かけ支度をした後に玄関などで忘れ物に気づき、家の中にまた戻るのはよくない
(なので、よく玄関で「ライター取ってきて」とか「携帯とってきて」と頼まれますが、ただ靴履いちゃったりした後で面倒なだけじゃない??と思ったりするのですが、本人曰く「そういう理由ではない。不吉なんだ。とにかく」といいます)

ルーマニア人の家族がいらっしゃる方「うちでは、こんなこと言ってるよ!」という事があれば、ぜひ教えて下さい~。

***************************

別に鍋におたまを入れたままにしていたから、という訳ではないのですが、私の不注意でやっちまいました>_<

洗濯機のホースが、洗濯中に外れてしまい、少し気づくのが遅かったのか、水が溢れ出し、急いで拭くとったのですが、間に合わなかったようで、階下のお宅のお風呂場まで水漏れしてしまったのです。

マンションの管理会社の方から連絡をもらい、今後の手続きの流れや、菓子折りを持って下の階のお宅に謝りにいったのですが、何だか自分達の不注意ということもあり(ホースの上に、旦那がアイロン台を乗せていて、何かの弾みで、ホースがぬけてしまったよう)他の人に迷惑をかけてしまったことで、かなり凹みました。

不幸中の幸いなのは、階下はお風呂場からのみの水漏れで、家具や衣類、布団などそういったものに被害が及ばなかったことと、保険に入っていたので、もしお風呂場の換気扇の修理が必要な場合も、保険で基本的には賄われるということ。

でも、水漏れと火事は、被害が自分の家だけではすまないので、本当に気をつけなければなりませんね。。。


**********************************

今日もお読み頂きありがとうございました♪

ランキング参加始めました!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

by tania_popescu | 2011-07-24 08:14 | ルーマニア全般 | Comments(5)

Commented by mitch at 2011-07-26 01:57 x
ここにあげられた二つの事柄は、妻からきいたことがありません。
いちど聞いてみます。それより何より我が家で問題なのは、車の中での窓明けです。これにより入ってくる風が体に悪いというのです。それ故窓が開けられずいつも喧嘩になります。母親(歯医者です)でさえ同じことを言います。ただし弟はこのことを知っていますが馬鹿にしています。ルーマニア人はこの迷信(?)を皆知っているようです。
子供まで影響を受けるので(ここはアメリカです。誰も当然信じません)
困っています。
Commented by tania at 2011-07-26 09:15 x
mitchさん

コメントありがとうございます!ルーマニアの迷信?日本人からすると??ですよね。mitchさんは奥様がルーマニア人なのですね!アメリカ在住されてらっしゃるとの事で3ケ国の言語や文化がミックスされてそうで、とても興味深いです。ちなみに、うちの主人は、車の窓開けて風入れてますよ!むしろ、空気が澱んでそうだと「なんで開けないの?」くらいな感じで(笑)まぁ、風の強い時は閉めますが、注意されたことないですねぇ。やっぱりルーマニアも、地域によって違うのかもしれませんね。結構国土大きいですし。でも主人に上記2つのことを言われた時「あなたのとこだけじゃないのー?」とすごく疑ってしまいました(笑)
Commented by Tania at 2011-07-26 09:17 x
追伸: もしかしたら、うちの旦那さんは、奥様の弟さんタイプかもしれませんね。知ってるけど信じてない、みたいな。今度聞いてみようと思います〜。
Commented by マドモワゼル・ヒロコ at 2011-08-04 17:38 x
私も聞いたことがない事例なので、う~ん??という感じです。お姑さんはいつもお玉や白木のリングラを鍋の中に入れっぱなし。そのままふたをして冷蔵庫にしまうこともあります。

出かける支度をしてから、又舞い戻ってくること、お姑さんもマイダーリンも時々やっています。お姑さんは田舎出身のどちらかといえば古いタイプだと思うけれど、Taniaさんのところの風習とは異なるみたいです。

上のmitchさんがかかれれている「風が通ると良くない、風が吹き抜けると良くない」という迷信は聞いたことがあります。赤ちゃん~幼少の子供たちが、耳まですっぽり覆うキャップをかぶせられているのは、「体の中を風が通ると良くない」らしいです。本来は、風邪引き防止と、耳が立ってしまわないように(耳が立っていると猿みたいになるそうです)、耳を押さえることが目的らしいです。

でも我が家では、夏場など窓を開けてちゃんと風を通していますので、「風が通ると良くない」迷信は信じられていないみたいです。

ではまた~。
Commented by tania_popescu at 2011-08-07 13:10
ヒロコさん

ご無沙汰してます!そうなんですねー。主人の言ってる風習、聞いたことないんですね(笑)早速「ブカレストっ子は、そんな風習聞いたことないってよ!」と突っ込んでみようと思います(笑)

でも、ルーマニアも日本の関東と関西じゃないですけど、かなり風習などに違いあるみたいですね。行ってみるまで、全然知らなかったのですけど。

風が通るとよくない、という迷信は「体の中を風が通るとよくない」というところから来てるのですね。なるほどー!

またブログにもお邪魔致します♪ルーマニアの夏、満喫なさってくださいね!!